ZD(Zertifikat Deutsch)試験内容と対策

ドイツ語のテスト、ZD(zertifikat Deutsch)試験について
内容と対策についてまとめてみました。

2010年にドイツで受けたTELCのものです。
変更点等あるかもしれませんので最新の情報は各自ご確認ください。

スケジュール

Schriftliche Prüfung(記述) 90分
休憩 20分
Hörverstehen(聞き取り) 30分
Schriftlicher Ausdruck(作文) 30分
休憩 自分の口頭試験まで
Mündliche Prüfung(口頭) 5分

午前中に筆記試験と聞き取りの試験をやり、
お昼休憩を挟んで、午後は口頭試験でした。

私は口頭試験が早い時間に回って来ましたが、
順番が遅い人は、待ち時間がかなり長いことになっていました。

試験内容-筆記試験

Schriftliche Prüfung

LeseverstehenとSprachbausteineのふたつパートから成ります。

Leseverstehenは、新聞や雑誌の記事を読んで、タイトルを一致せる問題や
長文読んで設問に答える問題など、文章を読んで答える問題です。

Sprachbausteineは、手紙のなどの穴埋め問題。
前置詞とか形容詞の変化をしっかり覚えておくことをお勧めします。
文章の内容がちょっとわからなくても、答えられることがある(笑)

Hörverstehen

短いインタビューを聞いて答える問題や、長いインタビューもあり。
電車やお店のアナウンスなどから聞き取る問題も。
2回読み上げてくれる問題はまだいいんだけど、
1回しか聞けない問題もあるので集中力が必要!

Schriftlicher Ausdruck

手紙を読んでその返事を書きます。
これを書くことというポイントが4つ提示されているので、それを入れて書きます。
あと一番初めに、場所・日付、呼びかけの言葉(Liebe…とか)も忘れずに。
30分ってかなりあっという間で、何書こうかなって考えているとすぐに時間がなくなってしまうので
はじめ方や終わり方など、どんな手紙でも共通に使える部分、手紙ありがとうとか、
返事ちょうだい系の文章はすらすらかけるようにしておくといいと思います。

試験内容-口頭試験

受験者が二人一組で試験を受けます。
二人で会話をして、それを採点されるというものでした。
3つのパートに分かれています。

口頭試験の前には準備の時間が20分くらいあって、そこで試験の資料とメモがもらえて、
言うことを考える時間がありました。

kennenlernen

初めは自己紹介したり相手のことを聞いたり。
これは普段からよく言ったり聞いたりしているのでそんなに問題なかったかな。

授業で先生に、初めに「Duzen(duで話していいか聞く)」したほうがいいと言われました。
なので、「Darf ich du sagen?」と言ってみたところ、、、
「Mein Name ist…」と答えられ…相手に伝わらなかった

私はSieよりもDuで喋るほうが慣れているし、まあいいやって思って
Duで会話を続けましたが、途中で気付いたけどパートナーはSieを使って話していた…

über ein Thema sprechen

次は紙に書いてあるテーマについて話し、自分の意見をいったり。
紙には二人とも違うことが書いてあります。

モデルテストではあるアンケートについての結果のグラフがあって
それについて話すというのをいくつかやったし、
グラフを読む練習をしていたのですが、
私が受けた試験では、グラフは出てきませんでした。。

ある質問に対して、人の写真とその人の意見が文章で書いてあったので
私の紙にはこんなことが書いてあるよ。あなたのは?
それで私の意見はこうよ、という風に進めていきました。

グラフなどが出てきたら、全部「○○パーセント」と言うのではなくて、
「ein Drittel(3分の1)」とか「etwas weniger als die Hälfte(半分弱)」とか
違う言い回しができることがポイントと、先生が言っていました。

zusammen etwas planen

最後はパートナーと一緒に何か計画を立てます。
パーティーとか遠足とかテーマがあって5個くらいポイントが書いてあるので、
それについて、二人で計画を立てるというものです。

提案するときの言い回しとか、賛成するときの言い回しとか練習しとくといいと思います。
私は緊張で頭空っぽになって練習していたフレーズが全然出てこなかったですが…

いっぱい発言する!

口頭試験はパートナーにかなり左右されます。
自分が喋ったことのない国の人だと訛りが聞き慣れずに、何言ってるか聞き取れなかったり。
私のパートナーも私の言ってること聞きずらそうでしたが…

とりあえずゆっくり目に、はっきりと喋るように心掛けました。
あとはとにかくいっぱい発言する。
自分の意見を言って、パートナーへもちゃんと質問するようにします。

まずは発言しないと採点してもらえませんからね。

無料モデルテスト

オンラインでダウンロードできるモデルテストがいくつかあるので、紹介します。
これをやればテストの内容とか把握できると思います。
同じ内容のものもいくつかあったので、中身をチェックしてからプリントアウトしたほうがいいデス!

Goethe-Institut
Materialien zum Online-Übenのページにある、Modellsatzでは、オンライン上で問題を解くことができます。
また想定問題集をpdfでダウンロードすることもできます。
ösd
B1 Zertifikat Deutsch (B1 ZD)のページから、Modelsatzや解答もダウンロードできます。
2種類あったけど、1っこはGoetheのModelsatzと同じだった。
telc
Zertifikat Deutsch / telc Deutsch B1のページの、Übungsmaterialからpdfをダウンロードできます。
でも、これもGoetheのと同じだった。
Zertifikat Deutsch
オンライン上でできる練習問題がたくさんあります。

結果

そして、結果は・・・無事合格することができました♪
合格基準等については下記にまとめています。

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(17ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ語,ドイツ語試験

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。