ドイツから日本へ手紙・葉書を送る

ドイツから日本へ手紙や葉書を送るときの
宛先の書き方などについて紹介しています。

以下の方法で、今のところトラブルなく届いています。

手紙のサイズ&値段

ドイツ→日本の郵便(2013年)
種類 大きさ 重さ(~まで) 値段
Postkarte(葉書) 235×125mm 150~500g/㎡ 0.75EUR
Standardbrief 縦:14-23.5cm
横:9-12.5cm
高さ:0.5cmまで
20g 0.75EUR
Kompaktbrief 縦14-23.5cm
横:9-12.5cm
高さ:1.0cmまで
50g 1.50EUR
Großbrief 縦14cm、横9cm以上
縦+横+高さ=900mm
1辺600mmまで
500g 3.45EUR
Maxibrief 縦14cm、横9cm以上
縦+横+高さ=900mm
1辺600mmまで
 500g~1000g
1000g~2000g
7.00EUR
16.90EUR

参照:Brief International(Deutsche Post)

ドイツから日本に手紙を送りたい場合は、重さによって値段が決まります。
上の表にある通り、Großbrief、Maxibriefでは結構大きいものまで送ることができます。

これを利用して日本へ荷物を送る方法は別下記をご覧ください。
ドイツから日本へ手紙扱いで小包を送る

封筒の書き方

ドイツから日本へ宛名の書き方
私なりのポイントは以下になります。

宛先に「TO」、差出人の方には「From」と書いておく。
差出人と宛先がよく分からなくて自分に手紙が届いてしまわない為の対策。
日本の宛先の書き方
正式にはすべてローマ字で書きます。
※Deutsche Postのカタログにアルファベットで書くようにとありましたので上の画像を挿し替えました。
ドイツから日本へ宛先の書き方(日本語)
今までは右のように書いて問題なく届いていましたので、個人的には「JAPAN-TOKYO」の後は日本語でも問題ないとは思いますが
これはDeutche Postの指定する書き方とは違いますのでその点お気をつけください。
受付の人にアルファベットで書くように言われることがあるかもしれません。
「JAPAN-TOKYO」のように、都道府県名まではローマ字の大文字で書く。
なるべく都会か大きい郵便局で出す。
集荷の回数が多いと思うので・・・

自分で切手を買ってポストから出してもいいと思いますが、
私は不安なのでいつも窓口へ行って「日本まで送りたい」と言ってます。
「LUFTPOST」(AIR MAILの意味)のシールは窓口で貼ってくれます。

ドイツ国際郵便の送り状郵便局には、このような送り状(シールになっています)が置いてあるので、これを使ってもいいと思います。

その他ドイツの郵便情報

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(48ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: ,
カテゴリー: 生活情報,郵便

    コメントを残す

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    post date*

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。