【Sparkasse】引越し先で古い口座を閉じる

以前住んでたところ(ダルムシュタット)でSparkasseの口座を開いていました。

Sparkasseは名前は同じでも地域によって管理が変わるので、生活していく上では何かと不便。

引越してきたミュンヘンでも手数料なしでお金を引き出したりはできるのですが、
エリア外のカードだと1日250EURまでしか下ろせなかったり…

今住んでいる家のそばでもSparkasseが近くて便利だし、
ATMの操作も慣れているので、ミュンヘンのSparkasseで新しく口座を開くことにしました。
(→【München】Sparkasseで銀行口座を作る

ミュンヘンで新しく口座を開設するにあたり、古い口座は閉じることにしました。
毎月の手数料もかかりますからね・・・

自分が持ってる口座のエリアのお店じゃないと口座を閉じたり出来ないのかと思っていましたが、
別の町のSparkasseでも閉じることができました。

ミュンヘンのSparkasseの窓口で、
「ダルムシュタットの口座を閉じて残高をミュンヘンの口座に移したい」と伝えたら
その場で手続きしてくれて、サインして終了。

古いカードは銀行の人に渡しました。

あとDarmstadtのSparkasseで作ったクレジットカードも持っていたのですが、
そちらも同時に解約して、銀行の人に渡しました。

それから1週間くらいして、ダルムシュタットの口座の明細が郵送で送られて来ました。
銀行で残高を確認してみると、無事残金がミュンヘンの口座に振り込まれていました。

スポンサーリンク

その他ドイツの銀行情報