ドイツ・ワーホリビザ申請日記

2008年夏、私がワーキングホリデービザを申請に
ドイツ大使館に行った時の記録です。

朝一で大使館へ

会社有給(夏休み)とって大使館へいってきた。
受付時間は午前中のみ(8:00-11:00)で、
すごい待つと聞いていたので、朝一で行くように早起き。

6時半すぎには家をでるが、
こんな日に限って電車が遅れている・・・

恵比寿の郵便局へ

まずは恵比寿に行き、ガーデンプレイスへ。
なぜかというと、郵便局に行きたかったから

ワーホリの申請で当面の生活費として2000EUR分の資金があることを証明しなくてはいけません。
銀行の通帳などを見せればいいのですが、私は新生銀行を使っているので通帳がありません!

直前に残高証明書の郵送を頼んだので間に合わず、
当日朝、4000ユーロ分にあたる70万円(当時1EUR≒170円でした)を
新生銀行からおろして、ゆうちょに入金→記帳。の荒業で対応することに!

もっと早くに準備しとかないとね・・

ガーデンプレイス内の郵便局のATMは
8時からやっているということで、(ほかは9時からが多い)
恵比寿にて通帳の記帳等をすませ、日比谷線で広尾へ。

写真屋さんで証明写真を撮る

広尾についたら、写真屋さんへ。

証明写真の規定が厳しいとのことで、
大使館近くのところはとりなれているから安心・・・
と、ネットで調べた55ステーションへ。

ここも朝8時からやっているので助かりました。(現在は9時からのようです)

ドイツのビザ申請用の証明写真を撮りたい旨を伝えると、
バッチリその大きさに合わせてくれました!
4枚で1050円。

いざ、大使館へ

広尾なんて通りすがったことがあるくらいで、
滅多に来ない場所です。

なんか外人さんとかも多いし、
歩いている人がみんな金持ちに見える・・・気が(^A^;

昨晩グーグルマップで念入りにシュミュレーションしたおかげで(笑)
迷うことなく大使館につくことができました!

大使館の入口は鉄格子の扉で、警備員さんが何人かいて、
こわいよぉ~と思ったけど、実際は、皆さん親切でした。

受付も窓ガラス越しで、引き出しみたいなものを通じて
訪問カードと通行証が渡されます。

名前と時間、目的を記入し、
セキュリティチェックと手荷物検査。

無事に中に入り、受付番号の紙を取ると、すぐ呼ばれました。
待つの覚悟でいったので、これは嬉しい誤算!

大使館にてビザの申請

ワーキングホリデーのビザ申請をしたいと伝え、
必要書類を提出。

そのあとは、住所や目的等の質問事項に答えたり、
書類を確認したり、サインしたりして、
とりあえず一旦終了。

待っている間には、人がどんどん増えてきて、
アー早くきてよかった。と実感。

いろいろな人がいろいろな用事でくるんだなぁ。
受付のひとは、日本語、英語、ドイツ語を使い分けて
対応していてかっこいいなぁ。

・・・などなど考えながら待つこと数十分。

「許可は下りてますから、もうちょっと待ってくださいねー」
と、途中声をかけられひと安心。

しばらくしてからまた呼ばれ、いろいろ書類をわたされ、
無事、許可をもらうことができました!

申請後1-2日かかると思っていたのですが、
その日のうちに済んでよかった!

書類や提出物に不備がなく、朝早くいったのがよかかったのかな?

上記は、2008年のことです。
手続きの前に、最新の情報をご確認ください!

参照

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(1ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: ,
カテゴリー: 準備

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。