【オーストリア】エアベルリン(ニキ航空)でウィーンへ

ニキ航空(Niki Luftfahrt)

フランクフルトからウィーンへ1泊2日の小旅行。
飛行機はエアベルリン(Air Berlin)を利用しました。

エアベルリン(往復ともニキ航空の機材でしたが)は、LCC(Low-Cost Carrier)、つまり格安航空会社に分類されるのですが、とても良かったですよ!

私は今までLCCはライアンエアしか利用したことなかったので、それとの比較になりますが、かなりよかったです。
(ライアンエアはサービス等最小限だけどとても安い)


フランクフルトではフランクフルト国際空港の第2ターミナルからの発着となります。
第2ターミナルへはSky Linという、空港内のシャトルモノレールに乗っていきますが、
フランクフルトハーン空港(遠い)とかではなくて、国際空港から発着ってのも魅力的。

ニキ航空(Niki Luftfahrt)

ニキ航空(Niki Luftfahrt)

ウィーンへは往復とも、ニキ航空の飛行機でした。
ポップな文字でNIKI、そしてでっかくハエの絵が描かれているハイセンスな飛行機でした。
機内のパンフレットなどにもハエのマーク。

まさかハエがキャラクターってことはないよなぁ、なんか違う虫なのかな?
と思ったんですが、帰ってきてWIKIを見たらやっぱりハエでした(笑)

ニキ航空の機内サービス

ニキ航空(Niki Luftfahrt)

機内では、サンドイッチも配られたし、ソフトドリンクのサービスもありました。

始め有料なんじゃないかと思って躊躇してしまいましたが、みんな貰っているので受け取ってみた!

有料のメニューは可愛らしい絵が描いてあると思ったらDEMELのものでした。

新聞や雑誌を持って一人一人聞いてくれたり、
帰りも離陸が遅れるとなったんですが、お水を配ってくれたり。

客室乗務員はショッキングピンクのシャツに同じくショッキングピンクのキャップをかぶり、そして下はデニム!
ファーストフードの店員さんみたいだった~(笑)
でも、こういう格好の方が仕事はしやすそうですね。

今までの常識を覆す航空会社?!

LCCにしてはお値段は少し高めです。(オンシーズンだし、直前に申し込んだというのもあると思います。)
Wienまで往復で1人約250EUR。航空券自体は140EURくらいで、あとは税金、燃料代、座席代などが加算されました。

参考リンク

その他のウィーン関連情報

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(3ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: , , ,
カテゴリー: ドイツ以外,観光

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。