【オーストリア】ウィーンの交通&治安

初めてのウィーン旅行。
交通&治安について感じたことを記したいと思います。

ウィーンの交通

Schwarzenbergplatz Schotternringを走るトラム

空港から市内まで

空港からはSバーンで市内まで行きました。
2~30分位で一人3.6EUR。

CATという特急列車もあって、それだと15分くらいで行くようなのですが
片道10EUR程なので急いでなければSバーンでいいんじゃないかと思います。

Schönbrunn駅 券売機と打刻機

市内では

市内に付いてからは24時間券を使いました。(5.7EUR)
市内の交通(Sバーン、トラム、地下鉄)が24時間乗り放題になります。

私は1泊2日だったので24時間にしましたが、
48時間、72時間とあるので、滞在期間によって選べばいいと思います。

ウィーンの中心部はリンクと呼ばれる道路でぐるっと囲まれていて、そこを路面電車が走っています。

リンクの中は歩いてでも見て回れる距離ですが、シェーンブルン宮殿などリンクの外に行ったり、
ちょっとした移動にトラム使ったりできたので、このチケット買ってよかったです。

24時間券は使い始めに入鋏機で打刻してから使います。

あと、リンクを1周する黄色いトラムにはこのチケットでは乗れないので要注意です。

http://www.oebb.at
オーストリア連邦鉄道のサイト。乗換案内や運賃検索できます。


Citybike(レンタサイクル)

レンタサイクル

ウィーンはレンタサイクルも充実していて、街中ではこのような自転車置き場を見かけました。
天気が良い日は自転車気持ち良さそう。

City Bike Wien :http://www.citybikewien.at/

ウィーンの治安

今まで訪れたヨーロッパの国(そんなに多いわけじゃないけど・・・)で一番治安がいいところだと思いました。
それまで都会=治安悪いみたいなイメージでしたが、大きい街なのに素敵!

Graben

あと物乞い、浮浪者がとても少ないと思いました。

中心地から離れたところや駅などでは少し治安の悪いところもあるようですが、リング内でしたら観光客だらけですし昼間は女性一人歩きも問題ないと思います。
(もちろん油断は禁物。人が多いのでスリなどには気を付けましょう!)

夫が仕事の用事があったので、私も1人で半日観光しましたが
特に恐い思いはしなかったです。

路上のチケット販売

Staatsoper(国立オペラ座)

一つ気になったのは、路上でのチケット販売。
路上でモーツァルトとか昔風の格好をした人がたくさんいて声をかけてきます。

コンサートのチケットの販売なんですが、2日でかなり声をかけられました。
中には日本語で声をかけてくる人やしつこい人もいて、なんだか怪しい雰囲気が。。

ホテルに帰ると、路上でのチケット販売に注意!という紙が新聞記事付きでありました。

路上のチケット販売の中には、悪徳な人も混ざっていて、
予約がちゃんと取れていなかったり、始めに聞いた演目と違うなど、苦情が多く発生しているとのこと。

あとホテルでチケット買えば、
お城のツアーか、コンサートまでの交通が無料の特典が付いてくるよって。

ん・・・ホテルの宣伝?

実際に聴きに行っていないので、本当のところはよくわかりません。
でも、いっぱい声かけられてうんざりだったのは確か。

ネットで調べてみてもあんまり被害について書かれていないのですが(満足したという意見の人もいる)
購入する際には気を付けた方がいいと思います。

その他のウィーン関連情報

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(1ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ以外,観光

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。