ZD(ZertifikatDeutsch)合格基準について

ZDテストを受けてから約1カ月後。
結果がとどき、無事、合格することができました!

スポンサーリンク

結果

テストの時に、結果は6週間後に郵送って聞いていたのですが
4週間くらいで届きました。・・・しかも手紙が1枚。
合格!とか不合格!とか書いてないし、初め落ちたのかと思いました。

落ち着いて良く読むと、
あなたがテストに合格したことを伝えることができて嬉しく思います・・・
と文章で書いてありました~

試験はVHSで受けたのですが、その時はお知らせだけで、
成績は指定の時間にVHSまで取りに行きました。

合格基準

60パーセントで合格です。でも、口頭と筆記それぞれ6割いかなくてはいけないみたい。
私がテスト受けてた時に筆記だけ受けに来てた人もいました。

成績は点数によって以下の通り。

  • 1, sehr gut(270 – 300)
  • 2, gut(240 – 269.5)
  • 3, befriedigend(210 – 239.5)
  • 4, ausreichend(180 – 209.5)

私は2番目のgutでした!
口頭テストが心配で心配でたまらなかったけど、
なぜか筆記より口頭のほうが点数よくてびっくり!

同じクラスの男の子の結果を見せてもらったら、4でぎりぎり合格でした。
彼はよく喋るし、授業でも私より理解出来ていると思っていたので驚きました。

でも成績表の内容みたら、なるほど~と思いました。
口頭と聞き取りがかなり良くて、100パーセントに近い点数のところもあったけど、
あとは、あんまり良くなかったのです。

私は聞き取りが苦手で一番ポイント低かったけど、
全体的にバランス良く点数とれていたので総合すると彼よりいい点数だったのです。
長年住んでてペラペラの友人も、筆記を2回受けていたな。。。

テストを受けるまで授業にも付いていけないし、
私は全然ダメだと自信喪失気味だったんですが、すこしこれで回復(笑)

と同時に、私もクラスメイト達をみならって、
もっといっぱい発言しなくちゃいけないんだなぁと反省。。

次のテスト

ドイツ語を勉強はじめてから約2年で(途中休み休みでしたが)
初めの目標にしていたZDまでようやく辿りつくことができました。
勉強嫌い&飽きっぽい私としてはよく頑張った!

その後、ドイツ語学校を中断して今に至ります・・・
途中日本に半年帰ったりしまして、不勉強な私のドイツ語能力は低下する一方・・・

そろそろ勉強しないとな。

これは2010年にドイツで受けたTELCのものです。
変更点等あるかもしれませんので最新の情報は各自ご確認ください。