ドイツ語のウムラウトやエスツェットを入力する方法

ウムラウト

ドイツ語にはウムラウト(AUOに点々がついた文字)やエスツェット(ß、scharfes Sとも言う)など特殊な文字があります。

もうご存知の方も多いかと思いますが、これからドイツ語を始める方の為にウムラウトなどの入力法法について紹介したいと思います。

1.ドイツ語キーボードを設定する

ドイツ語キーボードの設定
コントロールパネルから、ドイツ語キーボードを追加で設定できます。
日本語⇔ドイツ語と切り替えて使うことができます。

Windows7での設定方法については下記をご覧ください。
ドイツ語キーボードの設定(Windows7)

2.コピペして使う

これは説明不要…かな?!コピーして貼り付けて使ってください。

Ä Ü Ö ä ü ö ß

3.ユーザー辞書に登録する

私が一番よく使っている方法はこれ!
ドイツのブログを書いているということもあり、日本語の文の途中にドイツ語の単語を書いたりすることが多いです。
なので一文字の為にドイツ語キーボードに切り替えるのが、面倒だったりします。

ウムラウト変換
そこでIMEのユーザー辞書にウムラウトとエスツェットは登録しています。
「うむ」で変換したらウムラウト、「えす」でエスツェットが出てくるようにしています。

正直キーボード切り替えと比べ操作の手間は変らないのですが、こちらの方が楽に感じます。
あとよく使う「München」も登録してあります。

ただし「環境依存文字」とあるように文字化けしたり正しく表示されないこともあります。
HTMLに書く場合は、次に紹介する文字参照のコードを辞書登録したほうが良いかもしれません。

※ドイツ語とは関係ないけど、メールアドレス、住所、電話番号も登録しておくと便利ですよ!


辞書登録の方法(IME2007)

言語バー
言語バーの「単語の登録」アイコンから登録できます。

辞書登録
「単語」の欄にウムラウト等を入力します。
「よみ」の欄にいれた文字で変換すると「単語」の欄の文字が候補に出てきます。

4.文字参照

HTMLに記述する時は下記のコードでウムラウト・エスツェットが表示されます。

大文字 小文字 エスツェット
Ä Ä ä ä ß ß
Ö Ö ö ö
Ü Ü ü ü

参照:文字参照(Wikipedia)

5.アルファベットで代用

ウムラウトが入力できない場合や、文字化けが心配な場合は下記のように書き変えることもあります。

ä = ae
ü = ue
ö = oe
ß = ss

例えば、ドイツのサイトのURLでウムラウトがつく場合は上の書き方をしています。
http://www.muenchen.de ・・・ミュンヘン(München)市)
http://www.loewenbraeu.de ・・・レーベンブロイ(Löwenbräu)

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(118ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ:
カテゴリー: ドイツ語,ドイツ語の勉強

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。