【ミュンヘン観光】Maximilianstraße(マクシミリアン通り)周辺の見所

Maximilianstraße(マキシミリアン通り) Maximilianstraße(マキシミリアン通り)
Bayerische Staatsoper(バイエルン州立歌劇場)から東方向へ約1.2キロメートル続く道、
Maximilianstraße(マクシミリアン通り)です。

バイエルン王・Maximilian II(マクシミリアン2世/ノイシュヴァンシュタイン城を立てたルートヴィヒ2世のお父さん)の計画により1853年に建設が始まり、彼の名前から「マクシミリアン通り」との名が付きました。

ここは高級ブティックが立ち並び、5つ星ホテル「Vier Jahreszeiten Kempinski München(フィアヤーレスツァイテン・ケピンスキー)もある通りで、残念ながら私にはあまり縁がない場所だったりするのですが…

先日、この通りの先に見える建物「Maximilianeum(マキシミリアネウム)」まで探検してきたので紹介したいと思います。

Maxmonument(マックスモニュメント)

Maxmonument(マックスモニュメント)マクシミリアン通りを東方向へ目指して歩こうと思ったのですが、ちょうどよくトラムが来たのでトラムで移動!

マクシミリアン2世の像が立っているこの広場はトラムの停留所にもなっており、18・19番のトラムが停まります。

そばにはRegierung von Oberbayern(オーバーバイエルン政府・バイエルン州南東部の行政管区)の建物などあります。

Maximiliansbrücke

Maximiliansbrücke(マクシミリアン橋) Maximiliansbrücke(マクシミリアン橋)
Maxmonument(マックスモニュメント)から東方向にいくとIsar(イザール川)に出ます。
そしてここに架かる橋がMaximiliansbrückeです。
建築家Friedrich von Thierschにより1905年に完成。

Maximiliansbrücke(マクシミリアン橋) Maximiliansbrücke
この橋はイザール川の中州にあるPraterinsel(プラーター島)を越えて架かっています。
右の写真は途中あった泉?です。

Praterwehrbrücke(プラーターヴェア橋)

Maximiliansbrücke(マクシミリアン橋)からの景色 Johannes Nepomuk(聖人ヨハネ像)
マクシミリアン橋のすぐ隣にもうひとつ橋が架かっています。
ここには像が立っていていたのですが、彼はいかだの守り神である聖人Johannes Nepomuk。
別名ヤン・ネポムツキー。なんか聞いたことある名前だと思ったらプラハのカレル橋でも見ていました。

Maximilianeum(マクシミリアネウム)

Maximilianstraße(マキシミリアン通り) Maximilianeum(マクシミリアネウム)
マクシミリアン橋を渡ると立っている大きな建物。
少し高い所に立っているので、マキシミリアン通りの西端のほうからも見えます。
ここはバイエルン州議会の議事堂となっている建物で、建築家Friedrich Bürkleinにより設計され、1874年に完成しました。

戦前は歴史ギャラリー、学術財団、王室の学校などとして使用されていましたが、
第二次世界大戦が終わる直前に空爆にあい、建物の3分の2が破壊されてしまいます。

戦後、建築家Karl Kerglにより再び建設され1949年からは、Bayerische Landtag(バイエルン州議会)の建物として使われています。

Maximilianstraße(マクシミリアン通り)にあるブランドショップ

この通りには高級ブランドのブティックが立ち並び、歩いている人もお金持ちっぽい人が多い気が…
ということで、この通りにあるお店を一部紹介したいと思います。

住所の数字が小さい方が州立歌劇場寄りで、東に行くにつれて大きくなります。
また奇数が道路の北側(劇場より)・偶数が南側になります。
同じ建物だと住所が一緒なので、並び順はちょっと違うかもしれませんが大体下の様になっています。


あとはノイハウザー通りにあるデパートOBERPOLLINGERにも
Louis VuittonやPradaなど高級ブランドのお店が入っています。

マクシミリアン通り周辺の地図

[google-map-v3 width="550" height="300" zoom="12" maptype="roadmap" mapalign="center" directionhint="false" language="default" poweredby="false" maptypecontrol="true" pancontrol="false" zoomcontrol="true" scalecontrol="true" streetviewcontrol="true" scrollwheelcontrol="false" draggable="true" tiltfourtyfive="false" addmarkerlist="48.139485,11.579504{}number_1.png{}Bayerische Staatsoper(バイエルン州立歌劇場)|48.138903,11.581859{}number_2.png{}Vier Jahreszeiten Kempinski München|48.137568,11.588071{}number_3.png{}Maxmonument(マックスモニュメント)|48.137117,11.590469{}number_4.png{}Maximiliansbrücke(マクシミリアンズブリュッケ)|48.136691,11.589788{}number_5.png{}Praterwehrbrücke(プラーターヴェア橋)|48.136415,11.594025{}number_6.png{}Maximilianeum(マキシミリアネウム)" bubbleautopan="true" showbike="false" showtraffic="false" showpanoramio="false"]

1.Bayerische Staatsoper(バイエルン州立歌劇場)/ 2.Vier Jahreszeiten Kempinski München(ホテル・フィアヤーレスツァイテン・カピンスキー)/ 3.Maxmonument(マックスモニュメント)/ 4.Maximiliansbrücke(マクシミリアンズブリュッケ)/ 5.Praterwehrbrücke(プラーターヴェア橋)/ 6.Maximilianeum(マクシミリアネウム)

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(5ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: , , ,
カテゴリー: ミュンヘン,ミュンヘン観光情報

    コメントを残す

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    post date*

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。