【Englischer Garten 】エングリッシャーガルテン(英国庭園)

Monopteros(モノプテロス) 【Englischer Garten 】エングリッシャーガルテン(英国庭園)
ミュンヘン中心部、レジデンツの北側にある面積3,75 km²の巨大な公園。
細長い形で北側の端は5キロくらい先、地下鉄だとOdeonsplatzから7駅先のStudentenstadtまで延びています。

公園内にあるクラインヘッセローアー湖の北にIsarringという道路が走っていて公園が分断されていますが、ここより南がSüdteil、北がNordteilとなっています。
公園内の案内図もSüdteil(南側)とNordteil(北側)に別れています。

有名な見どころは中心部に近い南側に集まっていて、散歩している人や日光浴をしている人も南の方が多いです。北の方に行くと人が少なくなってきてのんびりした空気が流れています。

ちなみに一年間では約350万人が訪れるそうです。

ということで、全部は見て回ってないのですが、
エングリッシャーガルテンの見所などをいくつか紹介したいと思います。

Japanisches Teehaus(日本茶室・閑松庵)

Japanisches Teehaus(日本茶室) Japanisches Teehaus(日本茶室)
公園内には日本の茶室もあります。
1972年のミュンヘンオリンピックの際に裏千家からの寄贈により建てられたものだそうです。

日本食テント 空手?
夏にはこの周辺で日本祭りも開催されます。

関連記事:【ミュンヘン】Japanfest (ミュンヘン日本祭り)

Monopteros(円形神殿・モノプテロス)

Monopteros(円形神殿・モノプテロス) Monopteros(円形神殿・モノプテロス)
1836年に完成した円形神殿。丘の上に建っています。

Monopteros(円形神殿・モノプテロス) Monopterosからの景色
丘の上からは、フラウエン教会などミュンヘンの建物が見えます。

Chinesischer Turm(中国塔)

Chinesischer Turm(中国塔)のビアガーデン Chinesischer Turm(中国塔)
1789~90に作られた高さ25mの塔。
しかし1944年爆撃により焼失してしまい、その後1952年に復元されました。

ここはレストランもありますが、
夏にビアガーデン、冬はクリスマスマーケットが開かれ多くの人で賑わっています。
英国庭園のクリスマスマーケット 英国庭園のクリスマスマーケット
関連記事:
【ミュンヘン観光】クリスマスマーケット巡りその2(2012年)
【ミュンヘン】Chinesischer Turm(中国塔)のビアガーデン

Kleinhesseloher See(クラインヘッセローアー湖)

Kleinhesseloher See1803年に作られた人口湖。当初は35,000㎡程の大きさでしたが、1807~12年に拡張され現在は86,410 m²となっています。
湖にはKönigsinsel、Kurfürsteninsel、Regenteninselの3つの島もあります。
また畔にはレストランがあり、夏はビアガーデンにもなっています。
貸しボートもあり、夏はたくさんのボートが浮かんでいます。


Amphitheater(野外劇場)

北部には小さな円形劇場があります。
これは1985年に作られたもので、夏になると野外劇場として使われています。

Rumfordhaus(ランフォード・ハウス)

中国塔の北側にある建物。1791年に建てられ、
当初は士官用のクラブとして利用されていましたが、現在は子供センターとして使われているそうです。

Steinerne Bank(石のベンチ)

Steinerne Bank(石のベンチ)もともとここには神殿が建っていたのですが、木造だったため朽ちてしまいました。
1838年、神殿があった場所に石のベンチが作られました。このベンチの土台部分は神殿の土台だったものが使われています。

川や湖や橋など

【Englischer Garten 】エングリッシャーガルテン(英国庭園) 【Englischer Garten 】エングリッシャーガルテン(英国庭園)
公園内にはSchwabinger Bach, Eisbach, Oberstjägermeisterbachという小川が流れています。
全長は約8.5キロほどにもなり、橋の数は100以上。

英国庭園を流れる川にかかる橋 【Englischer Garten 】エングリッシャーガルテン(英国庭園)の橋

Wasserfall(滝)

英国庭園を流れる川 英国庭園を流れる川
数ある橋の中で、ここは撮影スポット?なのかは分かりませんが、
人がたくさんいて、写真撮っている人が多かった場所。
日本庭園の東側にある橋で、そこからは滝が見られます。これは1815年に造られた人工滝だそう。

サーファー

英国庭園を流れる川でサーフィン 英国庭園を流れる川でサーフィン
Englischergartenの名物?川でのサーフィン。

公園内を流れる小川Eisbachの始まり部分は、とても水が豊富で流れが速く、
サーファーとたくさんの見学者が集まっています。

川でのサーフィンは始めは不思議に感じましたが、ドイツでは公園でも水着で日焼けしたりする人が多く、ビーチみたいな光景が見られるので、別に不自然ではないのかも?!

Biergarten(ビアガーデン)

Kleinhesseloher See英国庭園の広大な敷地には、上で紹介した中国塔、クラインヘッセローアー湖以外にもビアガーデンがあります。

  • Aumeister:Sondermeierstrasse 1, 80939 München(HP)
  • Hirschau:Gyßlingstrasse 15, 80805 München(HP)

関連記事:【ミュンヘン】ビアガーデンリスト&地図

夏の英国庭園

エングリッシャーガルテン(英国庭園)の鴨 夏のエングリッシャーガルテン(英国庭園)
春から夏にかけて、特に週末は混み合っています。
ピクニックしている人、日焼けしている人、運動している人などなど。
こんなに広いのに、人がいっぱい!

秋の英国庭園

英国庭園にいたリス 英国庭園にいたリス
秋は紅葉が綺麗です。リスもいました!

Englischer Gartenの地図


[google-map-v3 width=”300″ height=”450″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”right” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”false” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”48.143524,11.587776{}number_1.png{}サーフィン|48.145356,11.585898{}number_2.png{}Japanisches Teehaus(日本茶室・閑松庵)|48.145471,11.587722{}number_3.png{}Wasserfall(滝)|48.149881,11.590919{}number_4.png{}Monopteros(円形神殿・モノプテロス)|48.150553,11.59254{}number_5.png{}Steinerne Bank(石のベンチ)|48.152436,11.592057{}number_6.png{}Chinesischer Turm(中国塔)|48.153832,11.591681{}number_7.png{}Rumfordhaus(ランフォード・ハウス)|48.160415,11.596134{}number_8.png{}Kleinhesseloher See(クラインヘッセローアー湖)|48.160515,11.598001{}number_9.png{}Seehaus|48.162161,11.60255{}number_10.png{}Hirschau|48.17349,11.61213{}number_11.png{}Amphitheater(野外劇場)|48.185902,11.61963{}number_12.png{}Aumeister” bubbleautopan=”false” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”false”]

1. サーフィン
2. Japanisches Teehaus(日本茶室・閑松庵)
3. Wasserfall(滝)
4. Monopteros(円形神殿・モノプテロス)
5. Steinerne Bank(石のベンチ)
6. Chinesischer Turm(中国塔)
7. Rumfordhaus(ランフォード・ハウス)
8. Kleinhesseloher See(クラインヘッセローアー湖)
9. Seehaus
10. Hirschau
11. Amphitheater(野外劇場)
12. Aumeister

公園の詳しい案内図はBayerische Verwaltung der staatlichen Schlösser, Gärten und Seenのサイトにて見ることができます。→SüdteilNordteil(PDF)

参考サイト

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(3ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: , , ,
カテゴリー: ミュンヘン,ミュンヘン観光情報

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。