ドイツ語キーボードの設定と配列(Windows7)

ドイツ語キーボードの設定の仕方、キーボードの配列などを紹介します。
Windows7の場合です。

Windows7でドイツ語キーボードを追加する方法

1.コントロールパネルから地域と言語を開く

まずスタートメニューからコントロールパネルを開きます。

表示方法:カテゴリの場合
時計、言語、および地域の項目「キーボードまたは入力言語の変更」をクリック

表示方法:大きいアイコン、小さいアイコンの場合
地域と言語をクリック→上のタブから「キーボードと言語」

ドイツ語キーボードの設定
↑このような画面になりますので、「キーボードの変更」をクリック。


2.テキストサービスと入力言語

「テキストサービスと入力言語」のウィンドウが開きます。
ドイツ語キーボードの設定
「全般」タブの右下の方にある「追加」をクリック。


3.入力言語の追加

「入力言語の追加」のウィンドウが開きます。
ドイツ語キーボードの設定
その中からドイツ語を探し、「OK」ボタンを押します。
私は「ドイツ語(ドイツ)」の中にある「ドイツ語」というのにしています。

他の国のドイツ語も基本的には同じですが、プレビューで確認してみると、「+」や「#」など記号の位地など少し配列が異なる場合もあります。


4.プレビューで配列を確認

ドイツ語キーボードのレイアウト
3.入力言語の追加の画面で言語を選択し「プレビュー」ボタンを押すと配列が確認できます。


5.ドイツ語が追加されました。

ドイツ語キーボードの設定
日本語キーボードの下にドイツ語が追加されました。


6.詳細なキー設定

「詳細なキー設定」タブを開き、ドイツ語⇔日本語の切り替え方法を設定します。
ドイツ語キーボードの設定
私は「Ctrl+Shift」で切り替えるようにしていますが、「キーシーケンスの変更」から変更できます。
日本語とドイツ語のみですが、3つ以上いれていたら「Ctrl+Shift」を押すたびに「日→独→仏→・・・」のように切り変ります。

また「ドイツ語(ドイツ)-ドイツ語へ」を選択して「キーシーケンスの変更」をクリックするとドイツ語に変更する場合の切り替えキーを設定できます。


言語バーの表示

言語バーの表示
ドイツ語入力になっている時は、言語バーが「JP」から「DE」に変わります。

ドイツ語キーボードのレイアウト

ドイツ語入力にした場合、私のパソコンでは次のような配列になっています。(パソコンによって違いがあるかもしれません)

上がそのまま入力した時、下がShiftキーを押しながら入力した時です。
ドイツ語キーボードのレイアウト
日本語のアルファベットとは、「Y」と「Z」が逆になっているところが特徴です。

1の左側にある「^」は、サーカムフレックスという文字を入力する時に使います。
「^」を押してから「a」を押すと「â」と入力されます。他にê û ô Â Îなど。

ßの右側にある「´」を押すとアキュート・アクセントという文字を入力。
使い方は上と同じで、Á É ú í など入力できます。これで「Café」も入力できますね!

ドイツ語キーボード(Shift)
こちらはシフトキーを押しながら入力する時の配列です。
ßの右側の「`」も使い方は上で紹介した二つと同じです。こちらはグレイヴ・アクセントと言うそうです。
À È ò ì など入力できました。


その他、ウムラウトを入力する方法については下記で紹介しています。
ドイツ語のウムラウトやエスツェットを入力する方法

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(65ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ:
カテゴリー: ドイツ語,ドイツ語の勉強

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。