【おすすめドイツ土産】食物・お菓子編

日本に一時帰国するときにいつも悩むおみやげたち。
私の場合は、お菓子を大量に買って帰ることが多いです。

ドイツ旅行や一時帰国のお土産のアイディアの参考にどうぞ。

安くて買える物や、みんなに配るのによさそうなものを紹介します。
日本でも買えるじゃん!ドイツじゃないじゃん!ってものもありますがそこはご愛嬌(笑)

チョコレート


スーパーで売っているのは、Milka(ミルカ)、Rittersport(リッタースポーツ)Lindt(リント)Hachez (ハッチェス)Ferrero(フェレロ)、merci(メルシー)などなど。

 
スーパーでは、プレゼント用の箱に入った者も売っているので、個人的に贈る人にはこちらを。
Lindtチョコの贈り物用の箱とか、写真のよりももっと高級そうなのもあります。

 
日本にも入ってきているお菓子でも、こちらの方が種類が豊富だったり、値段も安い!
また、期間限定のおかしなども色々ありますよ~


イースターやクリスマスの時期には、それようのパッケージのかわいいお菓子が並びます。
クリスマスは10月半ばくらいから並び始めます。

※ミュンヘンにはミルカのショップあります:【ミュンヘン】SchrannenhalleのMilka Welt(ミルカのショップ)

グミ


小さい袋に一杯入ったものは配るようにとても便利です。
超定番、日本での知名度も高く喜ばれるHARIBO(ハリボー)の他にも色々グミあります。

写真中央・Trolli(トローリ)のマルチミックスは、ハンバーグ型とかソーセージ型のグミも入っていて、子供は大喜びです!
右・nimm2 Lach gummiのイースターバージョンです。グミもイースターとクリスマス時期にかわいいパッケージのものが発売されています。



また、1キロ入りなど大容量のものもあります。でも重すぎるのでお土産には不向きですね。。

写真右・KatjesのSaure Johannisbeere(サワーブラックカラント)はドイツに来る前から大好きだったグミ。あまずっぱくて美味しくておすすめです。

ドイツのグミコーナーには真っ黒なグミが色々並んでいます。
これは「Lakritz(ラクリッツ)」と言って、リコリスという、甘草の根が配合されたものなんですが、好きな人には申し訳ないですが、もうあり得ない味!基本的に日本人の口には合わないといってもいいと思います!まだ好きな人に会ったことがありません!
でもネタとしてはいいかもしれません(笑)
全部ラクリッツの袋も多いですが、普通のとラクリッツが混ざった袋もありますので、初心者の方はそちらをお勧めします!

 
こちらはスーパーではないのですが、街中やショッピングセンターなどにあるグミのお店。
左:Bären Company http://www.baeren-company.de
右:Bären Treff http://www.baeren-treff.de

板チョコは100g、グミは200g~と結構重いのです。
たくさん買うとすぐに1キロ、2キロ、3キロと増えます。
帰りの飛行機の荷物制限を頭に入れての買い物をお勧めします!!


Ricola(リコラ)はスイスの飴ですが、箱入り、袋入り、缶入りなど…味も色んな種類が売っています。
Werther’s Original(ヴェルタース オリジナル)もドイツのお菓子です。


のど飴ならぬ、のどグミ!
Hariboのは富士山と桜の絵で日本のミント(ハッカ)味です。こちらはスーパーではなくドラッグストアで買いました。

お茶など




紅茶は軽くてよいです♪
フレーバーティーも豊富で、グリーンティーもあります。
写真はレモン味ですがバニラとか混ざっているものも・・・

ちょっと変わったフレーバーもいろいろありますので探してみるのも楽しいです。

スーパーだけでなくドラッグストアにも売っています。
ドイツでは風邪をひいた時とか体調悪い時に、お茶を飲むので
「風邪用」とか「お腹用」とか薬っぽい名前のお茶もありす。

日本?系


MIKADO(ミカド)。ポッキーのドイツ版。こちらでは帝という名前。
グリコのマーク入っています。

右はKOALA(コアラ)。ミルクとカカオ味があります。
コアラのマーチのドイツ版…と思ったのだけど、ロッテのコアラのマーチとは関係がないようです。
ちなみに全部眉毛コアラです(笑)おまけ付き。


何故かNIPPON(ニッポン)という名前のチョコ菓子。
ライスパフにチョコがコーティングされています。なかなか美味しいですよ~
普通のは小分けされていないので配るようには大きい袋入りを買うべし!

右はワサビ味のおせんべい。ワサビ味はポテトチップスやナッツなど結構あります。
おせんべいもたまに見かけます。

インスタント食品


日本でもお馴染、Maggie(マギー)、Knor(クノール)のインスタント食品がたくさん売っています。
日本でも手に入りやすい材料で作れるものなら、パスタの素とかでもいいと思うけど、
おすすめは、スープの素。水やお湯に混ぜて数分煮るだけ、っていうのがたくさんでています。
味は、、、全体的にしょっぱいです笑
人にあげるときには、作り方メモを付けてあげるのが親切♪


お湯で溶かすだけのカップスープもいいですね。

他にもインスタントのスパゲティーやマッシュポテト、あと日清のカップヌードルもあります。

調味料系


一回使い切りのものとか、水やオイルやヨーグルトで溶いて使うドレッシングがあります。
美味しいのもあるけど、たまに失敗も…


ドイツアルペンの岩塩、Alpensaltz(アルペンザルツ)。Kräuter Salz(クロイターザルツ)というハーブが混ざった塩もあります。サラダにかけたりしても美味しいです。
他にもモッツァレラトマト用の塩とか、ポメス用の塩も売っています。

右はコンソメ。写真はBioスーパーでみつけた野菜でできたもの。


お菓子やパン作りの材料も充実しています。
写真左はジャムを作る用の砂糖。右の写真Vanillezucker(バニラツッカー)はバニラ風味のお砂糖。
バニラエッセンスと同じで、ドイツのお菓子作りでは欠かせないものです。Hefeはドライイーストです。

その他私の好きなお菓子など


左:ZWIEBACK 硬めのラスク
中:Prinzen チョコが挟まったクッキー
右:Schoko Reis Waffeln ライスパフにチョコが掛ったもの。


左:Lotusコーヒーに良く付いてくるクッキー。おいしい♪
中:Mozartkugelnモーツァルトチョコ。母の大好物。
右:Mannerのウエハース。Wienにいってファンになりました!

他にもたーーーーーーーーーーくさんお菓子売っています。
お勧めあれば教えて下さい♪

ドイツのスーパー

ドイツのスーパーマーケットについては以下のページを参考にしてみてください☆

こちらも併せてどうぞ♪ドイツ土産情報

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(27ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ: , , ,
カテゴリー: お土産,観光

    コメントを残す

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    post date*

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。