在留届を提出する

ドイツに長期滞在するときは(3カ月以上)、在留届を提出します。

在留届は、万が一、事故や事件に巻き込まれたときなどの安否確認の為にも必要で、
長期滞在する日本人に義務付けられているものです。

旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3ヵ月以上滞在する日本人は、住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。(外務省サイト・在留届より引用)

オンライン申請もできます

在留届は管轄の日本大使館の窓口や郵送で申請できますが、
インターネットから簡単にできます!
ORRnet:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/

こちらのサイトの「在留届を提出する方」から
自分の住んでいるところを選んで、住所やパスポートなどを入力するだけです。
家族の場合は、同時に登録することができます。

帰国や引っ越しの時にもオンライン上から手続きができます。

このページの先頭に戻る

この記事はいかがでしたか?

評価する
(7ポイント)

こちらの記事もあわせてどうぞ

タグ:
カテゴリー: ドイツに来たら,生活情報

    コメントを残す

    • 名前の欄にはニックネームを入れてください。「匿名」「通りすがり」以外でお願いいたします。
    • URLは必須ではありません。
    • コメントは承認後、表示されます。(投稿者本人には承認前でも表示されます。)
    • 投稿内容について不適切と判断した場合、削除することがあります。
    • 私が知っていることはこのサイトに書いていますので、質問にはお答えできない場合があります。また内容によっては返信に時間がかかる場合があります。予めご了承くださいませ。
    • 質問される前に検索サイト等を使って一度ご自分でお調べ下さいますようご協力お願いいたします。